愛猫の健康を考えるなら無添加のキャットフードにしよう

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最新情報

無添加のキャットフードの選び方を知る

無添加のキャットフードが防ぐ病気 猫がまだ野生に居た頃に食べていた餌と人に飼われてから食べるようになった餌…

くわしく見る

愛猫に食べてほしい無添加のキャットフードの魅力

無添加のキャットフードで愛猫の健康管理を 多くの愛猫家から指示されている「無添加のキャットフード」は、近年…

くわしく見る

愛猫の健康を考えるなら無添加のキャットフードにしよう

猫の健康のために無添加のキャットフードを 多くのキャットフードには添加物が含まれています。特に添加物の中で…

くわしく見る

猫の健康のために無添加のキャットフードを

多くのキャットフードには添加物が含まれています。特に添加物の中でも危険視されているのは、保存料、肉副産物、また着色料などです。保存料はペットフードの見栄えを良くしたり、品質を保つために添加されるため健康のために必要なものかと思われますが、保存料の中には発がん性のものや免疫を低下させるものもあります。着色料はカラフルな見た目にすることで飼い主に商品を買わせようとすることが目的で添加さてます。
アレルギー体質の猫には着色料がアレルゲンになることもあるので、もしも飼っている猫がアレルギー体質ならば、特に注意が必要です。また、肉副産物やミートミールと呼ばれるものは、動物の肉ではなく、爪や歯、くちばしといった普通人間が食べないものの脂分をとって細くすりつぶしたものです。これは、人間は食べられないものなのでキャットフードに混ぜてしまおうということで添加されています。
これらが直接猫の健康を害するとは考えにくいですが、その消毒過程で強力な消毒剤を使用しているため、危険な可能性があります。以上のような危険性が添加物には潜んでいるため、無添加のキャットフードは普通のキャットフードに比べて多少高価ですが、猫の健康のために無添加のものを選ぶことをおすすめします。

未来に投資するなら無添加のキャットフード

キャットフード選びは重要です。もしもあまりよろしくないフードを選んでしまえば、飼い猫は病気になってしまい、寿命を縮めてしまう可能性があるからです。無添加のキャットフードは基本的に値が張る傾向にあります。それ故、家計の都合上で妥協してしまい、添加物入りの安価なキャットフードを選ばれる方も多く見受けられますがお薦めできません。将来的にフードが原因で猫が病気になってしまえば、動物病院に連れて行くことになるでしょう。
飼い猫のために保険に入っているのであればともかく、その先には膨大な治療費が待っています。その病気が必ずしもフードが原因とは限りませんが、人間でも食事が原因で簡単に生活習慣病になるのですから、猫も例外ではないことを念頭に置くべきです。結果的に無添加のキャットフードを選んでおけば、猫も健康を維持しやすく、且つ膨大な治療費も払わなくてよかったという結果にならないように。無添加のキャットフードは猫の未来への投資だと思って与えるべきと考えます。
ただ「添加物入りは絶対危険だ」と言っているわけではありません。添加物入りのキャットフードを与えられた猫でも長生きの猫はいくらでもおりますし、無添加のキャットフードを与えても早期に亡くなってしまう猫もいます。それは人間でも同じことが言えますよね。

Copyright(C)2017 愛猫のご飯に無添加のキャットフードが選ばれている理由 All Rights Reserved.